快眠

快眠を補助する方法

毎日なかなか寝つけなくて困っている人は多いのではないでしょうか。そのような人のために快眠を得るための方法をいくつかご紹介しましょう。

もしお腹がすいて眠れないときは、ホットミルクがおすすめです。ホットミルクを飲むと空腹感がなくなる上に、体も温まるので、ぐっすりと眠れるようになります。

寝る前に何か飲みたいときはカフェインが含まれていないハーブティーを飲むようにしましょう。ハーブティーは香りもよく、高いリラックス効果が期待できるので、眠れないときは積極的に摂取することをおすすめします。

そして、寝る前に入浴をすることも快眠につながると言われています。ただし、お湯の温度に注意してください。精神的にも身体的にもリラックスができる37℃〜39℃のお湯にゆっくりとつかるようにしましょう。

なお、寝る前の仕事や勉強、ゲームは睡眠の妨げとなるので控えるようにしてください。スムーズな眠りにつくためにも、睡眠の1〜2時間くらい前までに作業を終えて脳を落ち着けておくことが大切です。

あと、部屋の照明も明る過ぎてはいけません。寝る前になるべく暗くしておくと、ぐっすりと眠れるようになります。

そして、もし布団に入って30分以上眠れないときは無理に眠ろうとしないようにしましょう。眠らなくてはいけないと考えてしまうことで神経が興奮し、睡眠を妨げてしまうからです。
眠れないときは、焦らずにリラックスすることを心がけるようにしてください。心が落ち着いてくれば、自然に眠りにつけるようになります。

心地よい眠りのために、普段から自分がリラックスできる方法を見つけておくといいでしょう。

快眠を補助する方法関連ページ

薬の力に頼る方法
市販薬のほか、各種漢方薬を使用して快眠を目指す方法があります。
自律訓練法でリラックス
身体的にも精神的にもリラックスさせてから睡眠に入る自律訓練法の手順です。
短時間の昼寝で快眠に
昼食後に少しの時間の昼寝を取り入れると、日頃の睡眠不足を補うことができ、快眠につながります。
いびきと歯ぎしりを改善する
いびき、歯ぎしり対策として、比較的簡単にできる改善方法をご紹介します。
生活習慣の改善で快眠
毎日スムーズに就寝できるように、生活習慣を見直し・改善をしましょう。
災害時の快眠方法
災害時は、ダンボールを使用した方法で、不便な避難所生活を少しでも快適に過ごしましょう。