快眠

短時間の昼寝で快眠に

快眠のために必要なことはいろいろとありますが、昼寝が効果的であることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

例えば、朝食を食べた後に眠たくなったことはありませんか。この現象は、人間の体が午後になると眠くなるというリズムを持っているために起こるそうです。

仕事をしている人は昼寝をする時間などないかもしれません。昼寝をすることに罪悪感がある人もいらっしゃるでしょうが、昼寝は仕事の効率アップや睡眠不足解消にとても効果的なのです。

では、快眠に導くための正しい昼寝の取り方について簡単に説明しましょう。
昼寝は、昼食後から午後3時までの間に取るのがベストと言われています。これよりも遅い時間に寝てしまうと、夜に眠れなくなってしまうことがあるので注意してください。

そして、余り長く寝てしまうと眠りが深くなり、脳の働きが鈍くなってしまいますから、昼寝は15分〜30分くらいを目安にすることが大切です。

昼寝をする前にカフェインを摂取しておけば、目覚めを良さを感じることができます。カフェインは摂取してから30分後くらいに覚醒作用が働くと言われていますので、昼寝の前に摂取しておくと、ちょうど目覚めたときに効果があらわれるでしょう。

また、昼寝をするときは、机に伏せたり、壁やイスなどにもたれかかって寝るようにしましょう。横になってしまうとぐっすりと寝てしまい、目覚めが悪くなってしまいます。そして、目が覚めたら脳の働きを促すためにストレッチなどで軽く体を動かしましょう。

10分間の昼寝の効果は、なんと夜の睡眠の1時間に値すると言われています。快眠を得るために、昼食後に少しの時間でも昼寝を取り入れてみてはいかがですか。


短時間の昼寝で快眠に関連ページ

快眠を補助する方法
心が落ち着いて自然に眠りにつける方法をいくつかご紹介します。
薬の力に頼る方法
市販薬のほか、各種漢方薬を使用して快眠を目指す方法があります。
自律訓練法でリラックス
身体的にも精神的にもリラックスさせてから睡眠に入る自律訓練法の手順です。
いびきと歯ぎしりを改善する
いびき、歯ぎしり対策として、比較的簡単にできる改善方法をご紹介します。
生活習慣の改善で快眠
毎日スムーズに就寝できるように、生活習慣を見直し・改善をしましょう。
災害時の快眠方法
災害時は、ダンボールを使用した方法で、不便な避難所生活を少しでも快適に過ごしましょう。