快眠

いびきと歯ぎしりを改善する

いびきや歯ぎしりに悩んでいる人が増えていると言われています。いびきや歯ぎしりは周りの人の快眠を妨げるだけでなく、本人にとってももちろんよいことではありません。どうすれば少しでもよい眠りにつけるようになるのでしょうか。

まず初めに、なぜいびきをかいてしまうのかご存じでしょうか。いびきは眠っているときに気道が狭くなって空気が通りにくくなることが原因で起こります。

いびきを軽減するためには、いびき対策グッズ(テープやマウスピースなど)の使用をおすすめします。手頃な価格で購入できるので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

なお、仰向けで寝ているときだけ、いびきをかく人がいます。この場合は、横向きに寝ることを心がけるようにすれば、いびきをかくこともないので、快眠を得ることができるでしょう。

そして、いびきとよく間違えやすい症状に睡眠時無呼吸症候群があります。
睡眠時無呼吸症候群とは、寝ているときにときどき呼吸が止まる症状のことです。もしこのような症状があるときは命に関わる危険性がありますので、すぐに病院へ行って診察を受けてください。

歯ぎしりは、眠りが浅くなったときに脳の言語中枢が起きてしまい、あごを動かす筋肉に電気信号が伝わることが原因で起こります。

歯ぎしり対策としては、いびきと同じようにマウスピースを使用するか、また歯ぎしりは心配事が多かったり、ストレスがたまっていることで起こることもありますから、ストレス解消をしたり、リラックスすることを心がけるようにすれば、歯ぎしりもおさまるでしょう。

いびきや歯ぎしりは誰にでも簡単にできる方法で改善することができます。毎日ぐっすり眠るためにも、できることから始めてみてはいかがでしょうか。


いびきと歯ぎしりを改善する関連ページ

快眠を補助する方法
心が落ち着いて自然に眠りにつける方法をいくつかご紹介します。
薬の力に頼る方法
市販薬のほか、各種漢方薬を使用して快眠を目指す方法があります。
自律訓練法でリラックス
身体的にも精神的にもリラックスさせてから睡眠に入る自律訓練法の手順です。
短時間の昼寝で快眠に
昼食後に少しの時間の昼寝を取り入れると、日頃の睡眠不足を補うことができ、快眠につながります。
生活習慣の改善で快眠
毎日スムーズに就寝できるように、生活習慣を見直し・改善をしましょう。
災害時の快眠方法
災害時は、ダンボールを使用した方法で、不便な避難所生活を少しでも快適に過ごしましょう。