快眠

生活習慣の改善で快眠

快眠のために必要なことの一つに生活習慣の改善が挙げられます。具体的にどのようなことが必要なのか説明していきましょう。

まず食事についてです。快眠のためには、1日3食しっかりと食べることを心がけましょう。
食事の中でも一番重要なのが朝食です。毎日同じ時間に朝食を食べるようにすることで消化器系の働きが活発になり、心身を目覚めさせてくれると言われています。

なお、夜食の習慣がある人は、食べるものと量に注意してください。睡眠を妨げると言われているたんぱく質は、なるべく摂取しないようにしましょう。そして食べ過ぎは消化不良の原因となるので、消化のよいものを適量食べることを心がけてください。

適度な運動もしましょう。ハードな運動を行う必要は全くありません。快眠につなげるためには、心地よい疲れを感じるくらいの運動を毎日行うことが大切です。

就寝前のカフェインを含んだ飲み物とニコチンの摂取は厳禁です。カフェインは摂取してから30分くらいたつと覚醒作用が働き始めると言われていますし、ニコチンは吸ってすぐに交感神経を刺激すると言われています。カフェインとニコチンを摂取すると4〜5時間くらいは寝つけなくなってしまうので、十分注意してください。

なお、熟睡するために寝酒の習慣がある人も多いのではないでしょうか。あまりたくさんのお酒を飲んでしまうと眠りが浅くなり、夜中に目覚めることが多くなってしまいます。
さらに、お酒の量が増えてしまうと体がアルコールに慣れてしまい、お酒を飲まないと眠れなくなってしまう危険性があります。

アルコールは睡眠のリズムを崩してしまうため、快眠のためにも、やめた方がいいでしょう。

生活習慣の改善で快眠関連ページ

快眠を補助する方法
心が落ち着いて自然に眠りにつける方法をいくつかご紹介します。
薬の力に頼る方法
市販薬のほか、各種漢方薬を使用して快眠を目指す方法があります。
自律訓練法でリラックス
身体的にも精神的にもリラックスさせてから睡眠に入る自律訓練法の手順です。
短時間の昼寝で快眠に
昼食後に少しの時間の昼寝を取り入れると、日頃の睡眠不足を補うことができ、快眠につながります。
いびきと歯ぎしりを改善する
いびき、歯ぎしり対策として、比較的簡単にできる改善方法をご紹介します。
災害時の快眠方法
災害時は、ダンボールを使用した方法で、不便な避難所生活を少しでも快適に過ごしましょう。