快眠

快眠度セルフチェックとは

自分は毎日ぐっすりと眠れているのだろうか、もしかしたら不眠症なのではないかと心配になっている人も少なくありません。快眠できているかどうかをチェックできるリスト「快眠度セルフチェック」があることをご存じでしょうか。

質問に対して、最近1ヵ月間で3回以上当てはまるものにチェックをするだけなので、とても簡単です。質問には以下のようなものがあります。

まず、睡眠に関する質問です。
 睡眠の途中で目が覚めたか
 寝つきの悪い日があったか
 昼と夜を合わせて、睡眠時間が足りていたか
 希望の時間より早く目が覚めて、それ以降眠れないことがあったか
 全体的に睡眠の質が低かったか

次に、起きているときに関しての質問です。
 日中、気が滅入ることがあったか
 日中、眠気に襲われたことがあったか
 日中の精神的及び身体的な活動が低下したことがあったか

すべての質問に答え終わったら、いくつ当てはまったかを数えてみてください。
もしチェックの数が3つ未満の場合は、快眠できている状態と言っていいでしょう。不眠症の心配もありません。

チェックの数が4個〜5個の場合は、快眠できているとは言えない状態です。さらに不眠症の疑いも少しあります。

チェックの数が6個以上の場合は不眠症になっている可能性が非常に高い状態と言えます。できるだけ早く病院に行って治療を受けるようにしましょう。

なお、チェックの数が少ない人は生活習慣や睡眠環境を改善することで快眠できるようになります。もし何の効果も見られないときは病院に行って医師に相談してみましょう。

快眠度セルフチェック関連ページ

健康な体で質のよい睡眠を
毎日ぐっすり眠り、朝スッキリ目覚めるために、規則正しい生活と適度な運動を心がけましょう。
快眠に必要な睡眠時間
快眠のために必要な睡眠時間は、年代や、その日の疲労度によって異なります。
体内時計と快眠との関係
朝は早く起きて太陽の光を浴び、できるだけ早く寝るようにして体内時計を整えましょう。
就寝前に気をつけること
就寝前には自分がリラックスできる方法で心を落ち着かせましょう。