快眠

就寝前に気をつけること

皆さんは寝る前に何をしていますか。
自分がしていることが、実は睡眠を妨げているかもしれません。快眠のためにも、どのようなことが睡眠を妨げているのか知っておきましょう。

寝る前に紅茶やコーヒーなどのカフェインを多く含んでいる飲み物を飲むのはやめましょう。もし何か飲みたいのであれば、カフェインが含まれていないハーブティーがおすすめです。
あと、お酒やタバコといった嗜好品の摂取もよくありません。寝る前に口さみしいときは、ホットミルクを飲んで心を落ち着かせるといいでしょう。

なお、頭を使い過ぎると寝つきが悪くなるので注意してください。勉強や仕事、ゲームなどをする場合は、寝る1〜2時間前までに終わらせましょう。

快眠のためには適度な運動を心がけることも大切なのですが、寝る前に運動をしてしまうと、かえって眠れなくなってしまう可能性があるので、直前は控えた方がいいでしょう。

そして、入浴をするときは、お湯の温度に注意してください。寝る前に入るのであれば、37℃から39℃のぬるめのお湯につかるようにすると心地よい眠りにつけます。

また、リビングルームや寝室のライトが明る過ぎると目が覚めてしまうことがあります。ぐっすり眠るためにも、寝る前はなるべくライトの明かりを暗くしておくようにしましょう。

なお、寝なくてはいけないという意識を持ち過ぎてしまうと神経が興奮してしまい、余計眠れなくなってしまう可能性があります。もし30分たっても眠れないときは、一度布団から出ましょう。
よい眠りにつくためにも、ハーブティーを飲むなど自分がリラックスできることを行ってから再度布団に入ることをおすすめします。

就寝前に気をつけること関連ページ

快眠度セルフチェック
自分が快眠できているかどうかをチェックできる快眠度セルフチェックについてご紹介します。
健康な体で質のよい睡眠を
毎日ぐっすり眠り、朝スッキリ目覚めるために、規則正しい生活と適度な運動を心がけましょう。
快眠に必要な睡眠時間
快眠のために必要な睡眠時間は、年代や、その日の疲労度によって異なります。
体内時計と快眠との関係
朝は早く起きて太陽の光を浴び、できるだけ早く寝るようにして体内時計を整えましょう。