快眠

快眠に適した寝室の環境記事一覧

快適な寝室の環境づくり

寝室は一日の4分の1から3分の1を過ごす場所です。快眠のために毎日使用している寝室の環境を改善してみませんか。快適な寝室環境に必要なポイントに注目して改善していくといいでしょう。1つ目のポイントは「光」です。快眠のために最適と言われているのは、20〜30ルクスほどの明るさです。フットライトやスタンド...

≫続きを読む

枕・布団など寝具の選び方

心地よい眠りを得るためには、寝具の選び方がポイントになります。枕のサイズと硬さ、敷き布団の硬さ、掛け布団の硬さと軽さ、そして肌触りのよさなどにこだわって選ぶことが大切です。枕は、柔らかい方がよく眠れるというイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか。柔らか過ぎる枕では頭が沈み込んでしまうため...

≫続きを読む

快眠に導く枕の高さ

皆さんは、どのような枕を使って寝ていますか。今まで自分に合う枕に出会えなかったという人も多いのではないでしょうか。快眠のためには枕選びが重要ですから、まず、今自分が使っている枕をチェックしてみましょう。例えば、低い枕を使っていると肩や首のコリ、顔のむくみを感じることがあると言われています。また、枕に...

≫続きを読む

照明の明るさを調節して快眠

人間が一日の中で最も明るさを必要としているのは午前中だと言われています。大体1000ルクス以上を必要としているようです。午後になると必要な明るさは少しずつ減っていき、夕方になると大体200ルクスあれば十分だと感じます。快眠を得るためには、この明るさのサイクルに合わせて生活をすることが必要です。スムー...

≫続きを読む

快眠を阻害する騒音を防止

快眠ができない原因の一つに音があります。人間はどれくらいの大きさの音をうるさいと感じるかご存じでしょうか。人間は40デシベル以上の音を感じると、うるさくてよく眠れなくなると言われています。例えば、屋外から聞こえてくる音なら、犬の鳴き声、車のアイドリングの音、子供が走る音、会話している声、窓やドアなど...

≫続きを読む

寝室のカラーコーディネート

快眠と寝室には深い関係があります。例えば、色が明る過ぎる寝室では、目が冴えてしまってなかなか眠れません。質のよい眠りを得るためには、心身共にリラックスができるような寝室にカラーコーディネートをすることが重要になります。まず、壁紙やカーテン、寝具などは、できるだけ落ち着いた色に統一するようにしましょう...

≫続きを読む