快眠

照明の明るさを調節して快眠

人間が一日の中で最も明るさを必要としているのは午前中だと言われています。大体1000ルクス以上を必要としているようです。午後になると必要な明るさは少しずつ減っていき、夕方になると大体200ルクスあれば十分だと感じます。

快眠を得るためには、この明るさのサイクルに合わせて生活をすることが必要です。スムーズに眠りにつくためには、夜になったらできるだけ部屋を暗くしておくのがベストなのです。

夕食が済んだら、つけるライトの数を減らすなどして照明を落としましょう。そして、眠りにつくころになったら、寝室の照明をすべて消すようにすると、自然と眠くなり、深い眠りにつくことができます。

なお、屋外からの光が明るくて眠れない場合は、ブラインドや厚手のカーテンを取りつけるだけでも、かなり明るさが軽減できます。また、アイマスクを使用する方法もあります。

そして、快眠のためには、寝るときの明るさだけでなく、朝起きたときの明るさにも気を遣うことが大切です。太陽の光を浴びて体内時計がリセットされると、朝の目覚めがよくなるだけでなく、質のよい睡眠を取ることができるようになると言われています。

太陽の光を浴びるためにも、朝起きたらすぐにカーテンを開けるようにしましょう。
もし太陽の光が射さない部屋に寝ている場合は、目覚ましライトの利用をおすすめします。セットした時間に合わせて徐々に明るくなってくるので、スムーズに起きることができるでしょう。


照明の明るさを調節して快眠関連ページ

快適な寝室の環境づくり
快適な寝室環境に改善するポイントは4つです。寝室は心身ともにリラックスできる環境を整えましょう。
枕・布団など寝具の選び方
心地よい眠りは寝具選びから。自分の体に合った寝具を選んで、毎日ぐっすり眠りましょう。
快眠に導く枕の高さ
今まで自分に合う枕に出会えなかった人も、健康のためにも、枕は高さに注目して選ぶことが大切です。
快眠を阻害する騒音を防止
睡眠に悪影響を及ぼす騒音を防いで快眠のための音環境を整えましょう。
寝室のカラーコーディネート
良質な睡眠を得るためには、心身共にリラックスできるようなベッドルームにカラーコーディネートします。