快眠

快眠に適した寝室の環境とは

寝室は一日の4分の1から3分の1を過ごす場所です。快眠のために毎日使用している寝室の環境を改善してみませんか。快適な寝室環境に必要なポイントに注目して改善していくといいでしょう。

1つ目のポイントは「光」です。
快眠のために最適と言われているのは、20〜30ルクスほどの明るさです。フットライトやスタンドライトを上手に使って、部屋の明るさを調整するようにしましょう。

2つ目のポイントは「温度と湿度」です。
夏なら温度は25℃、湿度は50%が最適と言われています。エアコンを使う場合は、冷房の温度を25〜28℃に設定しましょう。

冬は温度が15℃、湿度は夏と同じく50%が最適です。冬の場合エアコンを使い続けていると部屋の中が乾燥してしまうので、加湿器などを併用するといいでしょう。エアコンの温度は18〜22℃に設定してください。

3つ目のポイントは「音」です。
屋外の音がうるさくてよく眠れないという人は少なくないでしょう。屋外からの音をなるべく抑えるためには、二重サッシや雨戸を設置するのが効果的です。また、カーテンを厚手のものに変えたり、防音効果のあるカーテンにするのもいいでしょう。
あまり騒音がひどいときは、耳栓をして寝るのもおすすめです。

そして、4つ目のポイントは「雰囲気」です。
寝室の色をリラックスできる色に変えてみましょう。赤など明る過ぎる色は精神を興奮させたり、目が冴えてしまうので逆効果です。
おすすめはブラウンやベージュなどの落ち着いた色です。心身共にリラックスができる色なので、深い眠りにつくことができるでしょう。

これらの4つのポイントを踏まえて、快眠ができる寝室の環境を作り上げましょう。


快適な寝室の環境づくり関連ページ

枕・布団など寝具の選び方
心地よい眠りは寝具選びから。自分の体に合った寝具を選んで、毎日ぐっすり眠りましょう。
快眠に導く枕の高さ
今まで自分に合う枕に出会えなかった人も、健康のためにも、枕は高さに注目して選ぶことが大切です。
照明の明るさを調節して快眠
明るさのサイクルに合わせて生活をすれば、自然と眠くなり、朝の目覚めもよくなります。
快眠を阻害する騒音を防止
睡眠に悪影響を及ぼす騒音を防いで快眠のための音環境を整えましょう。
寝室のカラーコーディネート
良質な睡眠を得るためには、心身共にリラックスできるようなベッドルームにカラーコーディネートします。