快眠

寝室のカラーコーディネート

快眠と寝室には深い関係があります。例えば、色が明る過ぎる寝室では、目が冴えてしまってなかなか眠れません。質のよい眠りを得るためには、心身共にリラックスができるような寝室にカラーコーディネートをすることが重要になります。

まず、壁紙やカーテン、寝具などは、できるだけ落ち着いた色に統一するようにしましょう。派手な色ではなく、地味な色がおすすめです。

例えば、目の疲れが気になる人には、グリーン系がおすすめです。
また、ベージュやブラウン系に統一すると、部屋全体が落ち着いた雰囲気になるので、心地よい眠りを実感することができるでしょう。

特におすすめしたいのがブルー系です。ブルーは自然と眠りを誘う色として知られています。さらに気持ちを静める効果も高いので、快眠したい人には最適の色と言えるでしょう。

そして、寝室の照明にも注意しましょう。寝室にはどのような照明を使っているでしょうか。
寝室に白い蛍光灯を使用している場合は、白熱灯に変えた方がいいでしょう。白熱灯は温かみのある照明なので、リラックス効果が期待できます。

なお、寝室にはフットライトの使用をおすすめします。天井のライトから浴びる光よりも、自分より低いところから光が射している方が気持ちが落ち着くからです。

地味な色が好きではないという人は寝具だけ、カーテンだけなど、まず部分的にリラックス効果が期待できる色を取り入れてみてはいかがでしょうか。自分の好きな色を残しつつ、いろいろと工夫をしながら快眠できる寝室を作り上げればいいのです。


寝室のカラーコーディネート関連ページ

快適な寝室の環境づくり
快適な寝室環境に改善するポイントは4つです。寝室は心身ともにリラックスできる環境を整えましょう。
枕・布団など寝具の選び方
心地よい眠りは寝具選びから。自分の体に合った寝具を選んで、毎日ぐっすり眠りましょう。
快眠に導く枕の高さ
今まで自分に合う枕に出会えなかった人も、健康のためにも、枕は高さに注目して選ぶことが大切です。
照明の明るさを調節して快眠
明るさのサイクルに合わせて生活をすれば、自然と眠くなり、朝の目覚めもよくなります。
快眠を阻害する騒音を防止
睡眠に悪影響を及ぼす騒音を防いで快眠のための音環境を整えましょう。