快眠

快眠に導く枕の高さ

皆さんは、どのような枕を使って寝ていますか。今まで自分に合う枕に出会えなかったという人も多いのではないでしょうか。
快眠のためには枕選びが重要ですから、まず、今自分が使っている枕をチェックしてみましょう。

例えば、低い枕を使っていると肩や首のコリ、顔のむくみを感じることがあると言われています。
また、枕に高さをつけるために頭の下に手を入れて寝る傾向がよく見られるそうです。さらに枕を立てたり、2つ折りにして高さを調整して寝ている人もいると言われています。
こうして高い枕を使っていると肩や首のコリを感じやすくなったり、いびきをかくようになることもあります。また、朝起きたときに枕を外していたり横向きで寝ていることもあるようです。

では、快眠に導くための枕を見つけるには、どのような点に気をつければいいのでしょうか。
まず、横を向いたときに顔と胸の中心線が一直線になっているかどうかをチェックしてください。水平面と平行になっているとさらに理想的です。そして、仰向けになったときは、額と鼻の先端を結んだ線が床に対して5度になっているのが理想です。

なお、うつぶせで寝つく傾向がある人は、仰向けの高さから1〜2センチほど低く、横向きで寝つく傾向がある人は仰向けの高さから1〜2センチほど高い枕を選ぶことをおすすめします。

枕は寝るときに誰もが使うものです。
確かに自分の理想の枕を見つけるのは難しいかもしれません。ですが、低すぎる枕や高すぎる枕の使用は快眠を妨げるだけでなく、体の不調を引き起こす原因にもなります。健康のためにも、枕は高さに注目して選ぶことが大切と言えるでしょう。

快眠に導く枕の高さ関連ページ

快適な寝室の環境づくり
快適な寝室環境に改善するポイントは4つです。寝室は心身ともにリラックスできる環境を整えましょう。
枕・布団など寝具の選び方
心地よい眠りは寝具選びから。自分の体に合った寝具を選んで、毎日ぐっすり眠りましょう。
照明の明るさを調節して快眠
明るさのサイクルに合わせて生活をすれば、自然と眠くなり、朝の目覚めもよくなります。
快眠を阻害する騒音を防止
睡眠に悪影響を及ぼす騒音を防いで快眠のための音環境を整えましょう。
寝室のカラーコーディネート
良質な睡眠を得るためには、心身共にリラックスできるようなベッドルームにカラーコーディネートします。