快眠

快眠を阻害する騒音を防止

快眠ができない原因の一つに音があります。人間はどれくらいの大きさの音をうるさいと感じるかご存じでしょうか。

人間は40デシベル以上の音を感じると、うるさくてよく眠れなくなると言われています。例えば、屋外から聞こえてくる音なら、犬の鳴き声、車のアイドリングの音、子供が走る音、会話している声、窓やドアなどを開閉するときの音などが40デシベル以上の音です。

では、どう対策をすれば音に悩まされずに快眠ができるようになるのでしょうか。
まず、窓に工夫をしてみましょう。例えば、二重サッシの窓を設置したり、厚手のカーテンに変えるだけで、かなり騒音を防ぐことができます。

なお、マンションなどの集合住宅に住んでいる人は、住人たちの生活音が気になって快眠できないこともあるでしょう。この場合は、直接住人と話し合うのが一番いいのですが、言いにくいときは管理会社に相談するといいでしょう。

また、騒音の防止には耳栓も効果的です。ただし、目覚まし時計を使っている人は耳栓をしていると音が聞こえにくくなりますので、気にならない程度の音が拾えるタイプの耳栓を使いましょう。

あるいは自宅で使っている家電製品の音が気になるという人も多いのではないでしょうか。ちなみに、40デシベル以上の音が出るのは、エアコンや洗濯機、テレビ、ヒーターなどです。

家電製品の音を防止するには、寝ているときに使用しないのが一番です。また、音が余りしないタイプの家電製品に買いかえるのも一つの方法です。買いかえの時期が来ている場合や金銭的に余裕がある人は、検討してみてはいかがでしょうか。


快眠を阻害する騒音を防止関連ページ

快適な寝室の環境づくり
快適な寝室環境に改善するポイントは4つです。寝室は心身ともにリラックスできる環境を整えましょう。
枕・布団など寝具の選び方
心地よい眠りは寝具選びから。自分の体に合った寝具を選んで、毎日ぐっすり眠りましょう。
快眠に導く枕の高さ
今まで自分に合う枕に出会えなかった人も、健康のためにも、枕は高さに注目して選ぶことが大切です。
照明の明るさを調節して快眠
明るさのサイクルに合わせて生活をすれば、自然と眠くなり、朝の目覚めもよくなります。
寝室のカラーコーディネート
良質な睡眠を得るためには、心身共にリラックスできるようなベッドルームにカラーコーディネートします。