快眠

口呼吸から鼻呼吸に改善

快眠を得ることができずに悩んでいる人は、呼吸方法を見直すことも大切です。よく眠れないという人の多くは、口呼吸をしている傾向があると言われています。

例えば、起きたときに口が渇いていたり、のどが痛かったり、鼻づまりの症状がある人は口呼吸をしていると考えていいでしょう。快眠のためには口呼吸をやめて、鼻呼吸をするようにしなくてはいけません。では、どのように呼吸方法を変えればいいのでしょうか。

まず横を向いて寝てみてください。仰向けの状態よりも横向きの方が鼻呼吸がしやすくなるはずです。横になると重力が加わって口が開きにくくなります。すると舌がのどの奥に落ち込みにくくなり、鼻で呼吸がしやすくなるのです。鼻呼吸に慣れるためにも、毎日横向きで寝ることを心がけるようにしましょう。

もしどうしても仰向けで寝るクセが直らない場合は、鼻呼吸を補助してくれるグッズがあります。鼻孔拡張テープといって、鼻の通気率を向上してくれるグッズが販売されており、鼻に貼るだけでいいので、誰にでも簡単に使うことができるでしょう。

この鼻拡張テープは大人用と子供用が販売されています。子供の鼻呼吸を改善したいときも、ぜひ利用してください。特にブリーズライトは人気商品ですので、一度、試してみてはいかがでしょうか。

普段から口呼吸をすることに慣れてしまっている人にとって、鼻呼吸に変えるのは大変なことかもしれません。ですが、いつまでも口呼吸のままでは快眠することができないでしょう。

今回紹介した方法は、それほど難しいものではありません。質のよい睡眠のためにも、自分が続けられそうな方法を選んで実行するようにしましょう。


口呼吸から鼻呼吸に改善関連ページ

プラーナーヤーマ呼吸法
就寝前、ヨガに採用されているプラーナーヤーマ呼吸法でリラックスしましょう。
おすすめのアロマテラピー
アロマテラピーには気持ちを鎮める作用があると言われています。好きな香りでリラックスしましょう。
ヒーリングミュージック
ヒーリングミュージックを睡眠に取り入れると、リラックス効果、誘眠効果を得ることができるのです。
快眠に効果のあるストレッチ
運動不足の人は、適度な運動を習慣化し、ストレスの解消、睡眠の質の向上を目指しましょう。