快眠

快眠に役立つ食材の栄養素

夜ぐっすり眠るために食生活に気を遣っている人は多いでしょう。食生活で重要なポイントとなるのが食材に含まれている栄養素です。

快眠に効果があると言われている栄養素として知られているのがメラニンとビタミンB12、グリシン、テアニン、ギャバです。メラトニンを摂取するときは、体内で合成するための働きを促してくれるアミノ酸の1種であるトリプトファンも一緒に摂取することをおすすめします。

メラトニンは、アメリカンチェリーやケール、ナイトミルクに多く含まれています。トリプトファンは、バナナやアボカド、牛乳、大豆製品などに含まれているので積極的に摂取しましょう。

ビタミンB12は、睡眠障害の治療にもよく利用されているので特におすすめしたい成分です。
ビタミンB12は、豚肉、乳製品、魚介類、大豆製品に含まれています。特に豚レバーはビタミンB12が豊富な食材なので、多めに摂取するといいでしょう。

そして、グリシンとテアニンは質のよい眠りに導いてくれる成分です。グリシンはカニやエビなどの魚介類やゼラチン、テアニンは緑茶に豊富に含まれています。

ギャバはアミノ酸の1種で脳の働きを沈めてくれる効果があると言われており、睡眠不足に悩む人たちから注目されているようです。チョコレートやココア、玄米、麦芽米、雑穀米、スプラウトなどに含まれています。

快眠のためには、これらの食材をバランスよく摂取することが大切です。毎日バランスのよい食事を心がけるようにすれば、質のよい睡眠が実現できるだけでなく、健康な体を保つこともできるでしょう。


快眠に役立つ食材の栄養素関連ページ

食生活を見直して快眠する
毎日の食生活を見直し、規則正しい食生活に改善することで快眠を目指しましょう。
ハーブティーがおすすめ
日常的にカフェインの摂取量が多い人は、寝る前のハーブティーがおすすめです。
寝る前に適量のグリシンを
睡眠前にグリシンを摂取すると、熟睡でき、目覚めの良さも感じられると言われています。
アミノ酸のテアニンで快眠
テアニンは、昼間はお茶から、夜はサプリメントから摂取すると、上手に効果が得られます。
アルコールとの付き合い方
夕食時に適量のアルコールを摂取すると、リラックス効果が得られ、快眠へと結び付きます。