快眠

寝る前に適量のグリシンを

快眠を得るためには、よい眠りに有効とされている成分を摂取するのも一つの方法です。ここでは、非必須アミノ酸の1種であるグリシンについて説明しましょう。

非必須アミノ酸は体の中で合成することができる成分です。毎日規則正しい食生活を送っている人なら1日に必要とされる3〜5gは十分摂取できているので、不足の心配をする必要はありません。ですが、グリシンの効果を活かすには摂取する時間が重要になります。

快眠のためには、寝る前に3gくらいのグリシンを摂取することが理想的と言われていますが、1日に3gではなく、夕食時に3gを摂取するのはなかなか大変です。
ちなみに、グリシンはイカやエビ、カニ、ほたて、かじきまぐろなどの魚介類に多く含まれているのですが、毎日魚介類ばかりを食べるのでは飽きてしまいますよね。

そこで、おすすめはサプリメントの利用です。夕食後に忘れずに摂取するようにして、不足している分を補いましょう。

ただし、摂取量には十分注意してください。グリシンの取り過ぎは体によくありません。食事の内容をよくチェックした上で、足りない分だけを摂取するようにしましょう。

グリシンの効果は研究でしっかりと実証されています。自然に眠気が起こって深い眠りを実現できるだけでなく、翌朝の目覚めもよくなるそうです。快眠を得たい人は、グリシンの摂取を毎日の習慣にするといいでしょう。

なお、グリシンには快眠の効果だけでなく美肌効果も期待できると言われているので、特に女性にとってはとてもありがたい成分と言えます。睡眠とお肌の悩みを抱えている人は、摂取してみてはいかがでしょうか。


寝る前に適量のグリシンを関連ページ

食生活を見直して快眠する
毎日の食生活を見直し、規則正しい食生活に改善することで快眠を目指しましょう。
快眠に役立つ食材の栄養素
快眠を補助する食材を毎日の食生活に積極的に取り入れ、心地よい睡眠へとつなげていきましょう。
ハーブティーがおすすめ
日常的にカフェインの摂取量が多い人は、寝る前のハーブティーがおすすめです。
アミノ酸のテアニンで快眠
テアニンは、昼間はお茶から、夜はサプリメントから摂取すると、上手に効果が得られます。
アルコールとの付き合い方
夕食時に適量のアルコールを摂取すると、リラックス効果が得られ、快眠へと結び付きます。