快眠

ハーブティーがおすすめ

皆さんは夜寝る前に何を飲んでいますか。

コーヒーを飲んで眠れなくなってしまったという経験をお持ちの人は多いでしょう。
コーヒーにはカフェインが多く含まれています。カフェインは摂取すると30分から40分後くらいから覚醒作用が働き始め、その後4時間から5時間は寝つきが悪くなると言われています。
つまりカフェインを含んだコーヒーなどの飲み物は、快眠の妨げとなるだけなのです。

寝る前に何かを飲むのなら、ハーブティーをおすすめします。
ハーブにはカフェインが含まれていないので、眠れなくなることもありません。さらにハーブにはリラックス効果があるので、快眠に導くためには最適の飲み物と言えるでしょう。

ここでは、おすすめのハーブをいくつかご紹介しましょう。
ラベンダーには鎮静効果と精神を安定させる効果がある上、香りもよいのでおすすめです。
ジャーマンカモミールには鎮静効果のほか、整腸効果や高い抗炎症効果があることでも知られています。

ベルガモットには精神を安定させる効果と健胃効果が、リンデンは高いリラックス効果が期待できます。また健胃効果や鎮吐効果、発汗効果のあるジンジャーもおすすめです。
そして、睡眠効果があるハーブとして特によく知られているのがバレリアンです。しかし、バレリアンの効果はとても強いので、飲み過ぎには十分注意しましょう。

なお、ハーブは飲み物だけでなく料理にも使うことができます。なかなか眠れなくて困っている人は、快眠を得るためにも、毎日の食事に上手くハーブを取り入れてみてください。ハーブのリラックス効果で、毎日ぐっすりと眠れるようになるでしょう。


ハーブティーがおすすめ関連ページ

食生活を見直して快眠する
毎日の食生活を見直し、規則正しい食生活に改善することで快眠を目指しましょう。
快眠に役立つ食材の栄養素
快眠を補助する食材を毎日の食生活に積極的に取り入れ、心地よい睡眠へとつなげていきましょう。
寝る前に適量のグリシンを
睡眠前にグリシンを摂取すると、熟睡でき、目覚めの良さも感じられると言われています。
アミノ酸のテアニンで快眠
テアニンは、昼間はお茶から、夜はサプリメントから摂取すると、上手に効果が得られます。
アルコールとの付き合い方
夕食時に適量のアルコールを摂取すると、リラックス効果が得られ、快眠へと結び付きます。