快眠

アルコールとの付き合い方

アルコールを摂取すると、よく眠れるようになるというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
実は、アルコールは摂取方法を間違えてしまうと睡眠の質を下げてしまうと言われています。快眠を得るためにも、アルコールとの正しいつき合いかたをマスターしましょう。

まずアルコールの摂取量についてです。飲み過ぎてしまうと質のよい睡眠が取れなくなってしまうので、十分注意してください。すぐに目が覚めてしまったり、ぐっすりと眠ることができなくなってしまうことがあります。アルコールを摂取するなら、必ず適量を守ることが大切です。快眠を得るため絶対に深酒はしないよう、心がけましょう。

アルコールを摂取する時間についてですが、夕食時が最適です。夕食のときに適量のアルコールを摂取すると心身共にリラックスできるので、自然に眠りにつけるようになるでしょう。

なお、アルコールは利尿効果が高いものがあります。寝てから何度もトイレに行くようでは睡眠が妨げられてしまいます。深い眠りにつくためにも、アルコールの種類に注意した方がいいかもしれません。

なかなか眠れない人の中には睡眠薬を服用している人もいらっしゃるでしょう。睡眠薬とアルコールを同時に摂取すると、いろいろな副作用を起こす危険性があります。睡眠薬を服用している人は、アルコールを絶対に摂取しないようにしましょう。

そして最も危険なのがアルコール依存症です。アルコールを摂取するとよく眠れるようになるからと言って、毎日摂取することはおすすめできません。
なぜなら、毎日同じ量を摂取していると、体が慣れてしまって同じ量では快眠できなくなってしまうからです。摂取量が増えて、やがてアルコール依存症になってしまいます。アルコール依存症にならないためにも、アルコールは、たまに摂取するのがベストでしょう。


アルコールとの付き合い方関連ページ

食生活を見直して快眠する
毎日の食生活を見直し、規則正しい食生活に改善することで快眠を目指しましょう。
快眠に役立つ食材の栄養素
快眠を補助する食材を毎日の食生活に積極的に取り入れ、心地よい睡眠へとつなげていきましょう。
ハーブティーがおすすめ
日常的にカフェインの摂取量が多い人は、寝る前のハーブティーがおすすめです。
寝る前に適量のグリシンを
睡眠前にグリシンを摂取すると、熟睡でき、目覚めの良さも感じられると言われています。
アミノ酸のテアニンで快眠
テアニンは、昼間はお茶から、夜はサプリメントから摂取すると、上手に効果が得られます。