快眠

食生活を見直して快眠する

毎日ぐっすりと寝たいのであれば、食生活を見直してみましょう。一番大切なことは、しっかりと1日3食を摂取することです。

まず朝食ですが、快眠するために欠かさないようにしましょう。最近は朝食を抜く人が増えているようですが、朝何も食べないと脳がきちんと働きません。

朝食におすすめしたいのが、バナナと乳製品です。これらの食品には目覚めをよくする効果があるセロトニンが含まれているので、朝食には最適でしょう。

ただし、セロトニンには夜になるとメラトニンに変化するという特徴があることを頭に入れておきましょう。メラトニンは睡眠ホルモンの一種で、睡眠を促す効果があると言われている成分です。

午後になると眠気が襲ってくる人は、チョコレートを少し食べるといいでしょう。チョコレートにはカフェインが含まれているので、眠気が起こりにくくなります。

そして、夕食は睡眠の3時間前までに済ませておくことが大切です。食事が胃の中に残ったままでは快眠できないからです。また、食べ過ぎには十分注意して寝る前までに食べ物が消化されるようにしましょう。

寝る前に空腹の状態でも快眠をすることができません。お腹が空いたときにおすすめなのがセロリやキュウリなどの野菜、ハーブティー、ホットミルクです。

野菜や飲み物で空腹感を紛らわすことができないという人は、なるべく消化がよくてカロリーが低いものを摂取するようにしてください。もし、うどんやごはんなどの炭水化物を食べる場合には、睡眠の妨げにならないよう少しだけにしましょう。


食生活を見直して快眠する関連ページ

快眠に役立つ食材の栄養素
快眠を補助する食材を毎日の食生活に積極的に取り入れ、心地よい睡眠へとつなげていきましょう。
ハーブティーがおすすめ
日常的にカフェインの摂取量が多い人は、寝る前のハーブティーがおすすめです。
寝る前に適量のグリシンを
睡眠前にグリシンを摂取すると、熟睡でき、目覚めの良さも感じられると言われています。
アミノ酸のテアニンで快眠
テアニンは、昼間はお茶から、夜はサプリメントから摂取すると、上手に効果が得られます。
アルコールとの付き合い方
夕食時に適量のアルコールを摂取すると、リラックス効果が得られ、快眠へと結び付きます。