快眠

アミノ酸のテアニンで快眠

快眠に効果がある成分としてよく知られているのがテアニンです。テアニンはアミノ酸の1種で、睡眠効果だけでなく覚醒効果もあると言われています。

では、テアニンはどのように摂取するのがベストなのでしょうか。実験では、200mgのテアニンを睡眠の1時間前に摂取すると質のよい睡眠を取ることができるという結果が出ました。夜になると自然に眠くなってぐっすりと眠れる上に、翌朝の目覚めもよかったそうです。

なかなか眠れないという人の中には、睡眠薬を服用している人も多くいらっしゃるでしょう。ただし、睡眠薬の場合、夜はぐっすりと眠れていいのですが、朝や昼間も眠くて仕方がないという症状に悩まされることもあるようです。

一方、テアニンの場合そのような心配をする必要はありません。テアニンを昼間に摂取したとしても覚醒効果が働くので、眠たくなることがないのです。

ただし、テアニンを摂取する上で注意したいこともあります。テアニンはお茶に多く含まれているのですが、お茶にはカフェインも多く含まれているので寝る前に摂取してしまうと、快眠を妨げることになってしまうのです。

テアニンの効果をうまく得るためには、昼間はお茶から、夜はサプリメントから摂取することをおすすめします。そうすれば昼間は覚醒効果を、夜は睡眠効果を感じることができるでしょう。

快眠ができなくて困っている人は、一度テアニンを試してみてはいかがでしょうか。薬ではないので副作用もなく安心ですし、費用も余りかからないので手軽に始めることができるでしょう。


アミノ酸のテアニンで快眠関連ページ

食生活を見直して快眠する
毎日の食生活を見直し、規則正しい食生活に改善することで快眠を目指しましょう。
快眠に役立つ食材の栄養素
快眠を補助する食材を毎日の食生活に積極的に取り入れ、心地よい睡眠へとつなげていきましょう。
ハーブティーがおすすめ
日常的にカフェインの摂取量が多い人は、寝る前のハーブティーがおすすめです。
寝る前に適量のグリシンを
睡眠前にグリシンを摂取すると、熟睡でき、目覚めの良さも感じられると言われています。
アルコールとの付き合い方
夕食時に適量のアルコールを摂取すると、リラックス効果が得られ、快眠へと結び付きます。